Ansibleにはユーザーの入力を受け付ける仕組みが用意されています。まずあらかじめ言っておきますと、全自動でプロビジョニングをする場合はユーザー入力を求めるような作りにはしないと思いますが、なかなかそこまで全自動でやってはいけないという障壁がある場合も多々あるかと思います。 特に多いのはきっと「パ…

CNCF(Cloud Native Commputing Foundation)でも ホスティングされているプロジェクト ということもあってログ集約というとfluentdを耳にすることがほとんどになってきた気がします。コンテナで「EFKスタック(Elastic Search + Fluentd +…

Kotlinにどっぷりハマっている岩下です。最近チーム内で採用することが多くなっているClean ArchitectureをAndroidアプリにも採用しよう!という流れに乗って、色々と模索を重ねながら1つのアプリを作り終えたところです。その中で色々と見えてきたものを、今回から複数回に分けてサンプル…

こんにちは、新米Androidエンジニアの鶴田です。DialogFragmentを使ってダイアログ上に色々なViewを管理していると色々上手くいかないことが多くなってきました。今回はDialogFragmentから脱却し、Fragmentで仮ダイアログを実装した経緯とその利点を紹介したいと思います。…