Ansibleにはユーザーの入力を受け付ける仕組みが用意されています。まずあらかじめ言っておきますと、全自動でプロビジョニングをする場合はユーザー入力を求めるような作りにはしないと思いますが、なかなかそこまで全自動でやってはいけないという障壁がある場合も多々あるかと思います。 特に多いのはきっと「パ…

CNCF(Cloud Native Commputing Foundation)でも ホスティングされているプロジェクト ということもあってログ集約というとfluentdを耳にすることがほとんどになってきた気がします。コンテナで「EFKスタック(Elastic Search + Fluentd +…

RKE(Rancher Kubernetes Engin)も登場したことですし、さっそくサクッとKubernetesクラスタを作ってみたいと思います。さらにそのクラスタ上にFaaSで人気を集めているOpenFaaSをHelm経由でデプロイしてみたいと思います。この記事は2つに分けていて、 その1:R…