こんにちは、岩下です。前編に引き続き、今回は

  • ABILITYでの伴奏作成
  • VOCALOIDとの連携
  • ミキサーでの音量調節

を行っていきたいと思います。

ABILITYで伴奏を作ってみる

前回はABILITYでMIDIトラックに音色を設定するところまでを紹介しました。今回は、そのMIDIトラックにノートを入力し、伴奏を作ってみます。

スコアエディタで音符(ノート)を入力する

では、下記手順で音符を入力してみましょう。

  1. スコアエディタを表示: 五線譜が表示されます。
  2. ステップ入力モードを選択: マウスで音符が入力できる状態になります。
  3. パレットを表示: 音符の種類を選択するパレットが表示されます。
  4. パレットで4分音符を選択
  5. MIDIトラック1上でクリック: クリックした場所に4分音符が入力されます。

今回は、4分音符を8つ並べて、「ドレミファソラシド」を入力してみました。
step_input

なお、前回VOCALOIDの「おいしー」は2小節目に配置したので、後半の「ソラシド」の部分と重なるイメージです。

ちなみに、4分音符は1拍分の長さを表しており、8分音符や2分音符はそれぞれ4分音符の半分(0.5拍分)、倍(2拍分)にあたります。各音符の意味についてはググってみてください。

並べた音符を鳴らしてみる

では、下記手順で入力した音符を再生してみましょう。要領はVOCALOIDの場合と同じです。

  1. 矢印カーソルモードを選択
  2. 1小節目のどこかをクリック: 赤色のバーが1小節目に移動します。
  3. スペースキーを押す: 赤色のバーが移動し、再生されます。

play

VOCALOIDとの連携

ここまでで、歌の部分(VOCALOID)と伴奏(ABILITY)が一応完成しましたので、これらをReWire機能を使って同期させてみたいと思います。「ReWire」とは、2つのソフトウェア(今回は、ABILITYとVOCALOID Editor)の間で、MIDI信号やオーディオ信号を同期させるための仕組みです。今回はABILITYに同梱されているVOCALOID-SSWというReWireプラグインを使って連携してみます。

ABILITY側の設定

ReWireの中のVOCALOID-SSWプラグインの設定にて、Mixチャンネルを有効にします。簡単ですね。

rewire-ssw

VOCALOID側の設定

  1. F3キーを押してミキサーを表示
  2. ミキサー内「Master」の「vst1」の小さい右三角をクリック
  3. 「VOCALOID-SSW」を選択: プラグインウィンドウが開きます。
  4. プラグインウィンドウにて、必要に応じて「Buffer Size」を変更: これが小さいと音が飛んだりうまく同期できないことがありますが、大きいとレイテンシ(遅延)が目立つ場合があります。環境によって調整してください。
  5. 「OUTPUT」を「MIX L/R」に設定

rewire-vocaloid

以上の設定により、ABILITYとVOCALOID Editorとの間で、それぞれのマスターオーディオ信号が同期されるようになります。

同期再生してみる

では、この状態でABILITYのスコアエディタを開き、1小節目から再生してみましょう。2小節目に入ったタイミングで、VOCALOIDが歌い出してくれましたね。

ミキサーを使ってみる

このままだと、音量バランス的にちょっとVOCALOIDが埋もれている感じがするので、ミキサーで音量調節&エフェクトをかけてみましょう。

  1. ミキサーを表示
  2. ミキサー内「VOCALOID-SSW」のトラックボリュームを「3.0」に設定: 数値に応じてVOCALOIDの音量が変わります。
  3. 「Insert」に「StereoEnhancer」を選択: ステレオ感のエフェクトがかかります。

mixer
「Insert」の部分は、そのトラックにかけるエフェクトのプラグインを設定できます。今回選択した「StereoEnhancer」は、よりステレオ感を増長させるためのエフェクトです。音量圧縮を行うコンプレッサーや、ギターに歪みを付けるディストーションなど、音色同様に色々なエフェクトがあります。ちゃんとした音楽制作には各種エフェクトを使いこなす必要があるため、徐々に試してみてください。

できあがり

できあがりはこちらです。なお、ABILITYでは「ファイル」→「オーディオファイルに保存」でWAVEファイルに書き出すことが可能です。

VOCALOIDの声が以前よりも際立って聴こえていると思います。

おわりに

どうでしたか?今回はVOCALOIDがベタ打ちだったり(よりリアルに歌わせるためには「調教」が必要です)、伴奏のトラック数が1つだったり、全体が5秒もなかったりと、かなり簡単なものではありますが、VOCALOID曲ができたことには違いありません。「やってみようかな」と感じていただいた方は是非、オリジナルなものをVOCALOIDに歌わせてみてください。

© 2018. SuperSoftware Co., Ltd. All Rights Reserved.